(タイトルをクリックすると作者ページへ飛ぶことができます。)

Pixia


↑クリックするとスクリーンショットが見られます。

作者:丸岡 勇夫さん

「Pixia」は高機能なペイントソフトです。
国内向けに作られた無料ソフトでしたが、現在は国内外問わずかなり高い評価をうけています。

多数タブを切り替え利用することができ、ベジエ曲線などの線描画ツール、デフォルトで色んな種類のブラシツールがある、など多機能で知られています。
文字入れも縦書き・横書きの切り替えはもちろん、影をつけたりぼかしたりもできます。
フィルタツールも充実しており、ぼかしやにじみはもちろん、グレースケール化や2値化、モザイクからノイズ除去だけでなく、カレンダーやブロック崩し(!?)まであります。
ペンタブレットをお使いの方は、補正機能などの設定も行えます。
レイヤーも使えますが、レイヤーをグループ化することはできないのが難点ともいえます。
しかし、塗りつぶし機能などの基本機能は網羅しているうえ、画像編集の面でもかなり優秀なので、これ1つでも十分なのではないでしょうか。

現在(2012/7月現在)Ver.5が公開されています。
Ver.5から画面構成なども新しくなり、新しいツールも増えました。
公式Q&Aでは「よくわからない方はVer.4をお使いください」と返答があるので、そのほうがいいかもしれません。
関連書籍も複数出ております。→amazonの検索ページへ